医大を卒業するまでにかかる費用

高額な費用のかかる医科大学や医学部ですが、卒業までの6年間にかかる費用は、国立の医大と私立の医大とでは、6年の間には比べものにならない差が出てきます。入学金だけをみても、国公立の場合は入学金が25万円ですが、私大の場合はというと、一律ではありませんが150万円と、大きな差があります。入学金の他に、授業料、施設設備費、実験実習費、その他の費用として入学時に納めなければならない初年度納入金の制度があるのですが、国公立の医大の入学一時金が平均85万円ほどに対し、私大の医学部の初年度納入金は、605万円ほどかかってきます。多いところでは1000万円を超える私大まであり、国の援助の少ない私大生にかかってくる費用は、入学時の費用だけでも大変なものがあります。

学費に関しては、国公立の医大が年間50万円にたいして、私大は年に300万円ほどかかってきます。6年間を通してみると、国公立300万円ほどに対して、私大では、1800万円かかるということになります。ちなみに、多くの人が誤解しているようですが、国立の大学の場合は学部によって差があるという事はありません。医学部でも一般の学部でも、入学金と年間の学費に限っては、一般の学部と一律で同じ金額です。

入学金と年間の学費だけをみると一般の学部と一律に同じ金額の国立の医学部ですが、医学部の場合は、実習用個人用診察機の購入とか、保険料、同窓会費用、教科書・白衣などの費用がかかり、6年間で平均100万円ほど一般の大学よりかかるのが実情です。さらに自分の勉強の為に買う医学の専門書は高額なものが多く、入学金、諸費用など、入学してから卒業までの6年間で、国公立の医大が平均約350万円、私立大学では約2240万円かかるという統計があります。留年せずにストレートで卒業した場合がこの金額で、留年すればさらにかかります。